動画情報

2015.06.02
匠の技:鉋(かんな)がけ
因建設の大工が行う「鉋(かんな)がけ」。削る手元の速度や音が、寸分の狂いなく一定です。何十年という月日を積み重ねることで、ようやく得ることのできる、「経験」と「心」が成せる熟練の技です。
2015.06.02
荒壁塗り
壁の下地となる「竹小舞(たけこまい)」に、下塗りとなる「荒壁(あらかべ)土」を塗っています。「土壁」の基本的な材料は土と水。それに藁スサ、砂、糊などを加えます。下塗りと中塗り、上塗りではそれぞれ材料の配合を変えています。養生期間を充分にとること、丁寧さを最重要視し工期は6ヶ月~8ヶ月を要します。
2015.05.26
えつり掻き(えつりかき)
「土壁」の下地となる「竹小舞」を掻いています。柱、梁など構造材の間に縦横の間渡し材を穴入れし、棕櫚縄(しゅろなわ)を使い掻いていきます。